わきが手術をするとワキ毛が無くなるって本当?

 

特にわきがの手術の中でも切開手術の「剪除法」の場合は、アポクリン汗腺を取り除く際に毛根も一緒に取り除くため、結果としてワキ毛処理も同時にされることになるので無くなります。

 

具体的にはアポクリン汗腺を切ったり焼いたりした部分のみがなくなるので、脇全体の毛が無くなるということではなく、脇の中心部分はなくなるけど、周りはチョコチョコっと残るといった感じです。

 

女性の場合には一石二鳥となりますが、男性の場合は抵抗があるかと思います。そのため、ワキ毛が少なくなるのは覚悟の上で手術を行う必要があります。

 

 

脇脱毛でワキガが治る真相

手術とは逆に、脇の脱毛エステに行くとワキガの効果があるというような話があります。
ワキ毛が多いとワキガの臭いとなる雑菌の繁殖を手助けしますので、多いよりもない方がいいことは明らか。

 

ただ、ワキ毛のレーザー脱毛の目的はアポクリン汗腺をケアではありませんので、重度のわきがの場合には効果は期待しない方が良いです。

 

逆に、軽度のわきがであれば手術を受ける前に脇脱毛を行うという選択肢もアリになります。

 

レーザー脱毛は光を当てて毛根を破壊する時に、アポクリン汗腺にも多少のダメージを与えることが出来るためわきが臭の軽減が可能です。

 

酷くはないけど、臭いが少し気になるという程度の場合には利用する価値はとてもありますね。

 

臭いとワキ毛処理だけに効果があるもので、多汗症や汗を抑えるといった効果はありませんので要注意!

 

 

中度〜重度のワキガの方は、ワキ脱毛エステに行くよりもわきが手術のクリニックへ行くほうがいいでしょう。

 

>>わきが手術が受けられる美容外科一覧