子供のワキガ手術を検討している方へ

 

小学校の高学年くらいから早いとわきがを発症する子供がいます。
いじめられたりする前に、親としてはなんとかしてあげたいと思いますよね。

 

市販のクリームなどでも効果が全くなかった場合は、手術の選択のみになりますが
その場合、まずお子さんの年齢を考えてください。

 

16歳未満で手術を行った場合、体が発達段階にあるので手術を行っても再発するケースが多々有ります。16歳までは第二時成長があるので仕方がないこと。

 

しかし、実はわきが手術を受けている16歳未満の子供は沢山いるんです。
再発よりも今直ぐにでも何とかしてあげたいという親御さんの気持ちの現われでしょう。

 

そこで手術を行う場合、「再発するかもしれない」ということを頭に入れて
クリニックを選ぶ必要が出てきます。

 

 

子どものワキガ治療のクリニック選び

ワキガ治療は1回30万円前後掛かりますので、度々の出費は親としても大変です。

 

そこで、こちらの川崎中央クリニックでは16歳未満の子供に対して以下の保証制度を適用しています。

 

わきが手術子ども

 

手術方法は「ペアドライ」と呼ばれる切開しないタイプのもので、傷跡が残らずダウンタイムも短いので子どもへの負担も軽減出来ますし、1回でも効果を実感しやすいものです。

 

子どもの場合、切開手術は向きませんので(1週間肩を動かせない・傷跡が残るなどのデメリットが多い)こちらの治療法を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

⇒川崎中央クリニックの詳細はこちらから